閉経後の女性が腱鞘炎になりやすい理由とは?

女性と腱鞘炎

 

腱鞘炎は、手首や指の使いすぎで起こる病気です。

 

パソコンやスマホはもちろん、包丁などの持ちすぎでも
腱鞘炎は発症することはあります。

 

もちろん、誰にでもなる可能性のある病気ではありますが、
特に閉経後の女性に多いんですよ。

 

そもそも腱鞘炎というのは、
指を動かすための腱が、腱を固定する腱鞘とこすれて炎症を起こすために起こります。

 

初めは「動かすとちょっと痛いな」くらいの痛みですが、
そのまま放置して手や指を使い続けていると、なんともいえないほどの激痛が起こり始めます。

 

腱鞘炎の恐ろしいところは、「大したことないから」と放っておくとどんどん悪化してしまうというところにあります。

 

そして、そんな腱鞘炎は閉経を迎えたあとの女性に多く見られます。
それは、女性ホルモンが関係しています。

 

女性ホルモンの1つ、プロゲステロンには腱鞘を収縮させる作用があります。
生理のあるうちはエストロゲンとプロゲステロンがバランス良く分泌されていますが、
閉経するとエストロゲンの分泌が急激に減少してしまいます。

 

これは仕方がないことですが、このために腱鞘炎も起こりやすくなってしまうのです。

 

腱鞘炎を防ぐためには手や指を使わないことはもちろんですが、
閉経後の女性ならイソフラボンなどを摂取することもおすすめです。

 

イソフラボンは大豆製品に多く含まれていることが分かっていますから、
大豆製品を積極的に摂るのもいいですね。